【2回目の血液検査】自律神経失調症を発症して約2か月経過!

自律神経失調症
スポンサーリンク

こんにちは、ろあです。

8月上旬に、2回目の血液検査を受けてきました。

自律神経失調症を発症して約2か月半、自律神経失調症とハッキリ分かってちょうど2ヶ月が経過した頃の血液検査結果を公開したいと思います。

 

ろあ
ろあ

自分が自律神経失調症になり、そこで初めて血液検査は基準値内に収まっていればOKではないことを知りました。

私と同じ症状で悩む方は、これから公開する血液検査の結果をぜひ参考にしてみてください。

※あくまでも「私の場合」です。必ず医師の指示に従ってください。

自律神経失調症と診断された時の血液検査結果はこちら↓

スポンサーリンク

私が悩んだ自律神経失調症の症状

1回目の血液検査時

  • めまい
  • 吐き気
  • ホットフラッシュ
  • 手足の異常な汗
  • 頭痛
  • 朝起き上がれない(背中のゾクゾク)
  • 動悸
  • 息苦しさ
  • 極度の不安感・絶望感

2回目の血液検査時

  • 朝起きる時の動悸(時間はかなり短くなり、割とすぐに立ち上がれる)
スポンサーリンク

自律神経失調症を治療中の血液検査結果

まだまだ改善が必要なものを赤文字、ひとまず目標値にまで達したものを青文字にしています。

項目名 1回目 2回目 目標値 説明 低下因子
総蛋白(TP) 7.3 7.2 7 タンパク質の合成量や摂取量を反映 タンパク質不足・肝障害・腎障害
ALP/IFCC 35↓ 33↓ 70 ALPの活性中心は亜鉛で、マグネシウムで活性化するため、不足すると低下 亜鉛マグネシウム不足・甲状腺機能低下・遺伝
LD(LDH)/IFCC 144 152 180 ナイアシン不足の指標。低値はコリカイロによる糖新生が低下し、乳酸をエネルギーにしにくい可能性 ナイアシン(ビタミンB3)不足(個人差大)・抗腫瘍薬や免疫抑制剤の投与
AST(GOT) 16 21 22 ビタミンB6欠乏の指標。赤血球・心筋・骨格筋・肝臓に存在 ビタミンB6不足タンパク質不足
ALT(GPT) 12 26 22 ビタミンB6欠乏の指標。肝臓に存在 ビタミンB6不足タンパク質不足・アルコール
CK(CPK) 79 80 100 骨格筋や心筋、平滑筋などの筋肉や脳に多量に存在する酵素
中性脂肪 57 33↓ 100 低血糖・厳格糖質制限・カロリー不足・アドレナリン過多・副腎疲労
尿素窒素 6.8↓ 15.3 15 タンパク質代謝(タンパク質+ビタミンB群)を反映 タンパク質ビタミンB群の不足
鉄(Fe) 65 117 100 鉄を運んでいるトラックの数① 鉄不足・炎症・夕方採決
血色素量(Hb) 13.3 13.6 13 赤血球に含まれる赤色素たんぱく質 動悸・息切れ・疲労感・頭痛などが起きやすい鉄欠乏性貧血
フェリチン 33.8 42.5 50 貯蔵鉄の量
(50は有経女性)
鉄不足
亜鉛(Zn) 82 65 100 血液中の亜鉛
※説明・低下因子は「うつぬけ食事術(著者:奥平智之)」より引用

理想値は、他の検査数値や症状・所見も併せて、総合的に解釈することが大切です。

また、その人にとっての理想値は、疾患や病態・個体差・検査会社・検査方法によって変わることがあります。

必ず主治医の先生の指示に従いましょう。

スポンサーリンク

2回目の血液検査結果のまとめ

1回目の血液検査の数値に比べると、栄養状態はかなり改善していました。

タンパク質・ビタミンB群・鉄分はクリア!

数値的に、亜鉛・マグネシウムがまだまだ足りていないので、亜鉛のサプリを1粒から2粒に増やすことにしました。

(サプリの量は主治医と相談しながら決めています)

個人的には、鉄分が改善されてきたのも嬉しかったです。

鉄玉子でコツコツと鉄分補給しています。

 

スポンサーリンク

現在飲んでいるサプリと漢方

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
  • 柴苓湯(サイレイトウ)
  • 整腸剤
  • ビタミンB群(ヘルシーパス)
  • グルコン酸亜鉛(ヘルシーパス)
  • マルチビタミン ミネラル 必須アミノ酸(小林製薬)
  • ビタミンC(大塚製薬)
  • ヘム鉄(ヘルシーパス)←生理前~生理中のみ
  • サンテアージュ OX(ニナファーム)

次の検査は11月を予定しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました