【自律神経失調症】始まりは突然の体調不良

自律神経失調症
スポンサーリンク

今回は、私の自律神経失調症の始まりを詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

自律神経失調症の始まりは突然に

私は現在34歳、無職。

小学生の子どもが2人います。

2ヶ月前から、頻繁ではないものの立ちくらみがするなぁ~という症状がありました。

その時期は、ちょうど梅雨入り前。

日中は30度を超す日々もあったので、立ちくらみに関しては、特に気にしていませんでした。

運転中に突然襲ってきためまい

ある日の夕方、子どもを習い事へ送っていく時でした。

行く前から少し胃のあたりがムカムカするような感覚はありましたが、大したことはなかったので気にせず出発。

運転を始めて5分後・・・

背中が急に寒くなり、手の力が抜ける感覚(貧血のような)に襲われました。

貧血かな?と思ったので、近くのコンビニで車のシートを横に倒し休憩。

子どもに心配を掛けたくなかったので5分ほど休み、また車を走らせました。

(今思うと、ここで引き返しておけばよかった・・・)

大丈夫・・・のような気がするけど、大丈夫じゃない・・・といった感覚が1分おきにやってきました。

もう運転は無理かも・・・と力が抜けてきたので、車を止めて夫に電話。

とても気分が悪いし、子どもの習い事には100%遅刻。

子どもが心配そうにしていたので、「大丈夫大丈夫!ちょっと食べ過ぎたみたい🐰」とずっと言っていた気がします。

色んな不安と焦りがありましたが、正直記憶がありません。

夫と合流し、私も30分ほど横になったら自分で運転して帰れるだろうと思っていましたが、1時間たってもよくならず。

気分が悪かったので、吐いたらスッキリするかなと思いましたが吐けませんでした。

時間だけが過ぎていき、車の中で2時間過ごしました。

しかし、やはり運転ができる状態ではなかったので、夫が一旦家に帰り、義父と迎えに来てくれました。

家に帰れると思ったら、安心して少し具合がよくなったことを覚えています。

この日は、お風呂に入ってすぐに横になりました。

スポンサーリンク

自律神経失調症1日目の症状

  • めまい
  • 吐き気
  • 悪寒
  • 頭痛

コメント

タイトルとURLをコピーしました