さて、そんなこんなで膠原病を発症してから今は1年と4か月ほど経ちました。

 

最初は私の病名である「混合性結合組織病」によく効くと言われる

「プレドニン」というお薬を毎日30ml飲みました。

 

検査の結果を聞きに行った日はとても具合が悪く

点滴を受けて2日後にまた診察してダメなら入院。と言われていたのですが

点滴も飲み薬も良く効いてくれて、みるみる具合が良くなっていきました。

おかげで、入院はしてないです。

 

ただし、点滴を受けた日は薬の副作用でほとんど眠れなかったです。

眠れなくなるとは聞いていたのですが、本当に眠れないです。

「プレドニン」は気分がハイになるらしいです(>_<)

 

飲み薬も副作用で眠れなくなるらしく

毎日、2時ころ目が覚めてなかなか眠れない日が続きました。

これは、薬の量が減っていくにつれて改善されて、今ではすっかりよく眠れています。

 

それでも、具合が悪いよりは全然調子が良いです。

薬を飲み始めたらあっという間に普通の生活が送れるようになりました。

 

体の痛みもなくなり、手を上にあげる動作も何とか頑張ってやれるようになり・・・

少しずつ普通の自分に戻れました。

歩くのがつらいのや階段がつらいのなんかは本当によくなるまでは

何か月もかかりましたけどね。

 

お風呂も体力を消耗するので、湯船には怖くてつかれずにいたのですが

寒くなってきた頃には普通に入れるようになりました。

 

薬ひとつでこんなに調子が良くなれるとは思っていなかったので

普通に生活できるということは本当に幸せです。

 

一時はどうなることかと思いましたけどね・・・

 

【PR】

  

 

 

私の場合は、毎回「血液検査」をして先生の判断で「プレドニン」を少しずつ

減らしていき、最終的には5~6mlぐらいをキープしていくということです。

 

年を取ると病気も弱まってくるので、もしかしたら薬を飲まなくても良くなる

かもしれないと言われました。

それも、ビミョ~なお話ですが・・・(;一_一)

 

8mlくらいまでは先生曰く非常に優秀で順調でした。

なかなか「プレドニン」だけで病気を抑えられている人はいないらしいです。

 

しかし、8mlに減らした途端に手に湿疹が出たり

頭が割れるように痛かったり、吐き気をしたり・・・

熱を出したり・・・

 

8mlに減らしたのは今年の7月下旬だったので8月は具合が悪く病院へ行くこともしばしばありました。

点滴も2回ほど受けました。

 

結局、病気が再燃しそうだということで「プレドニン」を10mlに戻しました。

薬を減らすには何か月もかけて1mlしか減らないのに

増やす時はあっという間に増えます。

少しへこみますが、具合が悪いと困るのでしょうがないです・・・

 

そんな感じで、薬の量を10mlに増やしてからは何とか元気です。

 

ただね~。

今日、病院だったんですが・・・

2週間ほど前からまたまた、手が痒くて・・・

 

手が痒い

 

10月13日に皮膚科に行ってみることになりました。

また、病院へ行かなくてはなりません。。。

仕事あるのになぁ~~